読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大事なものはストリートにある

 

 

私が暮らしている地方都市。

 

駅前開発がどんどん進んで、

服や化粧品をわざわざ都内近辺まで行かなくても手に入る環境になってきた。

 

食べ物も、おしゃれなカフェやエスニック料理店がじゃんじゃん増えてるし、

あらゆる生活用品を取り扱う小洒落た雑貨店なんかで、珍しい食材や調味料を買えるようにもなってきた。

 

そう。

ここ数年で、ネット販売だけではなく直接目でみて吟味できる選択肢がものすごく増えた。

ので、それぞれの生活水準も上がってきたと思う。

 

私も新しいことには興味があるし、人が集まる中心街に出向いたり、SNSなんかで情報収集したりする。

しかし中心に集まるそれらは、一度都会で試した二番煎じ(言い方悪い)が多いことに気づく。

 

 

いつの世の中も、スタイルや流行を作っているのはストリートだ!

という誰のだか忘れたけど、この名言に私はとても共感を覚えるので、

 

ならばストリートに出向いてみよう!

と、暇な有休期間を利用して主に普段通らない中心から外れた道を、街ブラしてみたのである。

 

 

 

出てくる出てくる。

SNSやメディアでは追っつかない小さな情報たち。

店先に貼られた貼り紙とか

街の掲示板とかチラシとか。

 

このデジタルな世の中で、いまだにこんなアナログなやり方してんのかと、

関心する傍ら、

自分の行動力の無さを間接的に指摘されたような感覚を覚える。

 

教訓として、もらったチラシ(手書き)は捨てずに取っておこう。

 

 

 

 

駅前からはそう離れていない一本それた道路沿いに、やたら元気な店が見えた。

 

居酒屋や事務所、小学校などが周辺に固まっていて、クルマも歩行者も交通量は割と多い。

もう一本そっちの細い道路に入ると、学生や外国人が多く住んでいるアパートマンション街になる。

 

言ってしまえばそんな雑多な(でも活き活きした)、場所でわたしが気になったその店はやたらと元気なのである。

ただでさえ活きた環境で、例外的に元気。

 

 

近くまで来て納得。

八百屋である。

 

歩道まで並べられたコンテナにうず高く積み上げられているのは、旬の野菜や果物。

一歩店に入ると、30センチ間隔ほどに区切られてたくさんの種類の食品が陳列されている。

 

意外と奥行きがある店で、奥の方には自然食品や乾物のコーナーがあったり、

とにかく店の中が目が痛いぐらい賑やか、、!

 

働くスタッフも、

狭い店内をバタバタ駆け足で走りながら、常連客となんでもない会話を大声で楽しそうにしている。

と、思えば、こっちのスタッフは、体に気を遣ったような客の、食べ物の相談にのっていたりと、

 

とにかく外見から内面まで賑やかで忙しい。

 

 

街の商店という感じの、どこか懐かしい雰囲気が漂っていて、

どんな方でもどうぞいらっしゃい!な姿勢がすごく心地よかった。

 

 

一通り店内をぐるりと回って、今晩の夕食に必要な野菜数点を買おうとしたところ、

きゅうり売り場でふと目がとまった。

 

たぶん歳は20代前半の、大学生か専門学生。

とてもかわいくて、やたらおしゃれな服装の、今時のコたち2人組。

明るいレッドの口紅が、肌のツヤを余計目立たせているような、そんな若者。

 

 

2人で身を寄せ合って、

まるで化粧品を選ぶように、きゅうりとナスをどれが新鮮そうか美味しそうかと選んでいた。

 

すまして聞いていると、

こっちは大きいけど色薄いよね

でもこっちは小さくて美味しそう

とか、

 

まるで

こっちのマットなリップとこっちのツヤ感あるリップどっちがいい?

バリに、野菜を選りすぐっていた。

 

 

なんだかすごく嬉しくなったと同時に、

自分が恥ずかしくもなった。

情報が溢れた世の中のほんの片隅の小さな八百屋のこれまた片隅で、

かわいい女の子達が、自分なりの千里眼で、自分が口にする食材を一生懸命選んでいるのである。

 

 

ほんの数件歩けばコンビニやスーパーがあるこの街で、なんなら隣にはファミレスがあるというこの八百屋で、

彼女たちは生鮮食品を選んでいる。

 

溢れた情報の中で、

どれを選択するかは自由だけど、

この子達はきっと正しい選択をしていると、

わたしは感心した。

 

最終的に彼女たちは、

一袋三本入りのきゅうりは一人暮らしには多いから、じゃあ一袋買って2人で分けようよ!

と言って新鮮そうなきゅうりを買っていった。

 

 

 

今までの私には、こんな選択ができただろうか?

世の中と、その世の中についていく自分と、向き合うのに必死で、

全て流されていたのではないだろうか、と、

きゅうりと彼女達をみて思った。

 

本当に大切なことはいつも目の前にあるのに、

情報に埋もれすぎて見失って(もしくは見てないふりをして)いたに違いない。

少なくとも、自分の近辺にこんな活き活きした八百屋があるなんて気付かなかったし、彼女達のようにして食品を選んだ事は無かったかもしれない。

 

 

自分から得ようとしなくても、情報のほうからやって来るようなそんな現代。

だからこそ選択肢は増えたけど、選択したそれらは、本当に自分が必要とした・得たいと思ったものですか?

本当はこっちの方が、自分の身に合っていると薄々気づいているはずなのに、世の中に流されて違う方を選んでしまっていませんか?

 

 

たかがきゅうり。

けど、わたしは思います。

前のブログでも書いたように、人生は選択の連続。

なにも大きい選択ばかりが重要なわけじゃない。小さな選択の連続が、何年後かに繋がるんじゃないか。

 

重要なことって、たくさんある。

けどまずは、毎日続く食事の選択を見直せば、生きてるうちでこなさなければいけない大きい選択も、うまく選んでいけるんじゃないだろうか。

 

世の中の問題って、トドのつまりは台所の問題だと、

誰かが言っていたけど、私は彼女達からそれを直に学んだ気がした。

 

 

 

 

この世の中と、上っ面ばかりの自分に、ほとほと嫌気がさしていたから、

 

この途方も無いくだらない街に、活き活きと佇んでいるこの八百屋と、正しい千里眼を持った彼女らと、選ばれたきゅうり達が、

私の心にスーっと爽やかな一風を吹かせてくれたと同時に、

 

高校時代に陶酔した、梶井基次郎檸檬」の一説が頭に浮かんだ。

 

---------その日私はいつになくその店で買物をした。というのはその店には珍しい檸檬れもんが出ていたのだ。檸檬などごくありふれている。がその店というのも見すぼらしくはないまでもただあたりまえの八百屋に過ぎなかったので、それまであまり見かけたことはなかった。いったい私はあの檸檬が好きだ。レモンエロウの絵具をチューブから搾り出して固めたようなあの単純な色も、それからあの丈たけの詰まった紡錘形の恰好かっこうも。――結局私はそれを一つだけ買うことにした。それからの私はどこへどう歩いたのだろう。私は長い間街を歩いていた。始終私の心を圧えつけていた不吉な塊がそれを握った瞬間からいくらか弛ゆるんで来たとみえて、私は街の上で非常に幸福であった。あんなに執拗しつこかった憂鬱が、そんなものの一顆いっかで紛らされる――ある-----------

 

 

 

 

変わり種!イースターにどうぞ。

f:id:mhasepyon:20170414175338j:image

 

イースター

イースター

我が国日本じゃまだ馴染みは無いけど?

けどあと数年したらスタンダードなイベントになりそうだよね。

ハロウィン然り。

 

 

というわけで、

ビーツの水煮をしたので、

その煮汁にゆで卵を半日〜1日漬けておき、

なんとびっくり、

ピンクゆで卵を作りました〜!

 

すんごい色ですが、

ビーツの色なので、

合成着色料は一切、一切、使用しておりませんぞ!

 

そんでもって、ビーツの煮汁に味はほとんどついていませんので、

このゆで卵も無味でございます笑

 

 

けど、こんな楽しい見た目のかわい子ちゃんが食卓にあらわれたら、

わ〜すごい!

なにこれ!?

どうやって作ったの!?

 

驚きの声の連続でしょう。笑

パーティにイイね!

 

 

今回は、さつまいもを細切りして揚げたものをまわりに加えて、

鳥の巣をイメージしてみました笑

THEイースター

 

もちろん、さつまいも以外でじゃがいもでもいいんじゃないでしょうか!♪

 

 

 

この卵、切った断面もキレーーーーーなので、こんなアレンジもいいよ!

f:id:mhasepyon:20170414180059j:image

 

じゃん。

 

ピンク〜黄身のオレンジのグラデーション、

キレーーーーー!!

 

 

なんども言うけど、

このピンク、

合成着色料じゃないかんね!

 

 

小さいお子様がいる方、

合成着色料をはじめとした化学調味料を使わずとも、

こーんな楽しいメニューができます!

 

 

 

一工夫の遊び心が、

幸せにつながりま〜す!

 

 

ハッピーイースター

 

「ヒトト」 人にとって大事なこと

 

先日行ったご飯屋さんについて。

 

 

今、私は諸事情により実家に戻ってきているんだけど、

ここ数年のうちに新しい店がどんどん出来てきているみたい。

 

なにやら、

東京から経営者が来たり?

世界で2店舗目がここに出来たり?(すごくない?)

 

新しい風が地方に参入してるっていうか、

わたしが記憶している、閑古鳥が鳴きまくった廃れた街は

もうなくなるみたい、、!

 

 

で、

そんな地方にも、オーガニックの風が!

マクロビ食が食べられるご飯屋さんが出来たらしい。

 

とは言ってもまあ、もともと農業が盛んな土地だから

意識せずとも、毎日の食卓には野菜や果物がたくさん並んでいるんだけどね。

 

 

 

ビルの3階にあるその店の名前は「ヒトト」

3階にたどり着くまでには、

1階のメガネ屋さんと2階の花屋さん、レコード屋さんを

経由するんだけど、

いずれの店もとてもセンスがよくて期待が膨らむ。

へ〜、こんな場所あったんだ。。

 

 

店に入ると、若い女性の店員さんが笑顔で迎えてくれた。

この店、内装とか間取りとか店員さんの雰囲気とか、

すご〜く素敵。かわいい、じゃなくて、素敵。

 

小上がりがあって低めの台が3つ。各場所に座布団も配置されてるんだけど、

いかにも和!な感じじゃない。

壁は確か、石臼みたいなグレーだったか糠みたいなベージュだったか、台(あえてテーブルとは言わない)とか椅子はくすんだ木の素材。

無機な印象があるかもしれないけど、

ぽつぽつと生けてある素朴な野花と、手書きのメニュー、それに店員さんの優しい雰囲気も相まって、なんだかただいま〜って言っちゃうような、そんな店。

 

f:id:mhasepyon:20170409214257j:image 

f:id:mhasepyon:20170409214349j:image

3種類ぐらいあるメインメニューは、全てマクロビ寄り。

わたしはお豆腐カツ定食をオーダー。

揚げ物で卵使うから、完全にマクロビではないのかな。

この前自分でお豆腐カツを作ってみたんだけど、

水切りが甘かったのかうまく衣が密着しなくて。

勉強して帰ろ〜って思いました。

 f:id:mhasepyon:20170409214320j:image

まあるいお盆に乗せて、優しい店員さんが配膳してくれた定食は、

一汁三菜。

メインのお豆腐カツにはなにやら甘酒と自家製味噌で作ったオリジナルソースがかかっていて、衣も細くて、お上品っ!

ひじきと納豆は、これぞ!素材の味。

お味噌汁は味噌の味が生きてる〜〜。

 

でね、店員さん。

持ってきてくれた時に、フレンチ並にお料理の説明をしてくれるの。

地元のものを使ってますよっていう信念が伝わったし、

何よりね、実際口に運ぶ時に、美味しいだけじゃない付加価値がつくの。

へぇ〜、自家製のお味噌って雑味がないんだ、とか、

コシヒカリって、よく噛むと甘いんだな〜とか。

 

 

食べるって行為は、

意識を持たないと、どうしても

テレビを見「ながら」、スマホをいじり「ながら」とか、

ないがしろにしてしまいがちだけど、

こんな風に説明してくれたら、大事に食べなきゃなって気持ちになる。

で、大事に食べると、身になってる感じがする。

そんでもって、身になってるものがいい食材だと、なんだか得した気分♪

 

「食べられる」って、有り難いことなのだな〜〜と、食育を受けました。

 

もちろん美味しかったし、でも、何より際立っていたのが

店員さんたちの真髄さ♪

農家さんとか食材を作る人たちの想いに、

美味しさを上乗せしてお客さんに届けているって感じがした。

「わたしが料理を作ってる」っていうより、

「この食材を使ってお料理させて頂いている」って気持ちが伝わりました。

 

 

ご飯を食べに来たってより、

食育を受けに来た、働くって姿勢を学びに来た、

っていう感覚になりました。

 

そっか、わたしが作って失敗したお豆腐カツは

その気持ちが足りなかったのかな。

食材と向き合って、出来上がるまでのバックグラウンドを想像しながら作らなきゃ、

食材も答えてくれないもんね。

 

 

身土不二、お仕事と向き合うこと、良いものを選択すること、

そんなことを教えてくれるご飯屋さんでした。

「ヒトト」、オススメです。

食べてから、考えよう!

レシピ紹介から始めたこのブログ。

 

はじめは、自分の覚書程度にレシピを紹介していければいいかなと思っていたけど、

 

レシピを考えれば考えるほどに、

食に対する興味や熱い思いもぐんぐん伸び、

インプットしたらそれ以上にアウトプットもしなきゃ気が済まない!な性分のわたしなので、

 

「食」にまつわるエトセトラ、

 

わたしが感じたなんやかんや、

 

レシピも少々、

 

を、

食を見直したい方、食事に制限がある方、

いや、興味がわかなくとも、せめてわたしの目の前の方々だけにでも、

 

真摯に伝えたいと思っております!

 

 

 

わたしがするのは、文字で伝えること。

実際、食に触れるのは、それぞれみなさん自分自身。

 

わたしが書いた内容が、

スーパーやレストランで食べ物を選ぶときに、

頭にフッと浮かんで、

それによってみなさんがいい選択が出来れば、

お手伝い出来て嬉しいなと思います。

 

 

ご存知の通り

人生は、選択の連続であり、

 

「なにを食べるか」という究極の選択は、

病気や怪我などで入院して病院食しか食べられない状況にならない限り、ずっと続きます。

(なんなら、病院食でさえセレクトメニューとして自分で選べるようにもなってきています。)

 

 

仕事で疲れてモーレツに甘いものが食べたい

冷えが辛くてあったかいものを飲みたい

エネルギーをつけたいからお肉をガッツリ食べたい

 

自分の声をしっかり聞いて、食べるものを選択する。

それが明日の自分を大事に育むことにも繋がります。

 

その明日はずっと繋がって、

子供ができたり、仕事で責任が重くなったり、

老後ペットを迎え入れたり、

なんだりかんだり笑、

 

自分の明日は、

いずれ自分だけのものではなくなります。

 

自分を大事にすることは、関わる人たちを大事にすることに必ず繋がります。

 

「食」って、

まずその第一歩。

 

早くみんな、それに気づいて。

 

 

 

 

 

肌荒れ?

冷え?

太った?

痩せた?

失恋?

人間関係の悩み?

仕事の行き詰まり?

 

よし、

食べてから、考えよう!

適当!雑ぐらいがちょうどいいおしゃれサラダ!

f:id:mhasepyon:20170323095025j:image

刻むだけ、ランダムに散りばめるだけで、なんかオシャレ上級者っぽく見えるサラダです。

 

レタスにきゅうりにミニトマトなお馴染みサラダも好きだけど、ちょっと見栄張りたい自己満足SNS行きな気分の時にどうでしょうか、、、!

 

〈作り方(2人分)〉

・ベビーリーフ  適量

・パプリカ  適量

ロマネスコ  適量

ミニトマト  適量

・ハーブ  適量(今回はチャービル)

・*ビーツの水煮サラダ  適量

・素焼きくるみ  適量

 

材料をご覧ください。

全て適量でございます。

要するに人数分によってそれぞれ調節してください。

 

というかサラダの作り方を書くだなんて、どんだけ読者の方をナメてんねんと自分でも思うので、作り方は書きません。。笑

 

の、代わりに、

盛り付けのポイント!

 

①平らな皿に盛る

②鮮やかな野菜を使う(今回はパプリカとビーツ)

③野菜の形のメリハリをつける(葉野菜とロマネスコなど)

④反対色を使ってみる

⑤最後にロマネスコすり下ろすと仕上がった感あるよ!

 

f:id:mhasepyon:20170323095901j:image

 

茶色が多い食卓でもこれあるだけで鮮やかじゃん!

盛り付けだけに集中すれば誰でも簡単にできます。

こういうサラダっておしゃれなお店で食べると1500円ぐらいするよね、、、。

 

作る人のセンスで個性が出ます。

 

*ビーツの水煮サラダは後日追加します。

簡単!敷き詰めトマトバゲット

f:id:mhasepyon:20170317230941j:image

 

なんら難しいことは、ひとっつもありません。

まあ強いて言うならトマトの湯むきぐらい?

 

うーんそうだな、

気持ちよく晴れた土曜の午前中に食べたい一品。

食べたあとは、晴れてるしサイクリングでもする?な一品。

あれでしょ、その自転車って絶対白または淡いブルーのクロスバイクでしょ、そんでサドルは茶色の革張りでしょ、な一品。

 

 

 

●敷き詰めトマトバゲット●

 

〈材料(2人分)〉

 

・バゲット   (ちょっと固めのパンならなんでも可)

・ミディトマト   3個

ミニトマト   バゲットが敷き詰められる量

・オリーブオイル   適量

・塩   適量

・黒こしょう   適量

・バジル等のハーブ   お好みで

 

 

〈作り方〉

 

 

①バゲットを厚さ1〜1.5センチ程の輪切りにする。

②  ①の表面にオリーブオイル適量を塗る

③トースターで焼く

④ミディトマト、ミニトマトをそれぞれ湯むき*する

⑤  ④を二等分にする

⑥表面がカリっと焼きあがったバゲットに、④を並べる

 

(並べるポイント)

自然の産物である美しい「まん丸」なトマトをあえて大小ランダムに並べると、緊張感のあるギャップが生まれて特別感があります。

 

⑦塩コショウとバジルなどのハーブをふりかければ完成

 

 

 

 

*トマトの湯むきの仕方

沸騰した鍋にトマトをくぐし、皮がすこしめくれてきたら鍋から出す。

包丁ですこーし切れ目を入れて流水で流しながらピリ〜〜っとむく。

上手くできると快感。

 

 f:id:mhasepyon:20170317231113j:image

 

バゲットが無ければ食パンでもOK

赤いトマトだけじゃなくて黄色や緑をまぜても可愛くできること間違いなし!

超絶簡単なのにオシャレ!

要は盛り付けさえ綺麗なら無敵!笑

 f:id:mhasepyon:20170317231140j:image

ぜひ次の土曜日にどうぞ〜〜!